top of page
  • 執筆者の写真長島司

百聞は一見に如かず、百見は一試に如かず

「百聞は一見に如かず、百見は一試に如かず」

高校時代の化学の先生の言葉です。


この仕事をするようになって、少し実感が持てるようになりました。


例えば、中学理科の問題では「ガスバーナーを付ける順序」や「顕微鏡の使い方」といった問題が出題されますが、

使い方を百回説明されるより、自分で一回使った方がずっと頭に残ります。この場合、体で覚えるといった方が良いかもしれません。


実験上の注意を問う問題も、それを怠った場合にどうなるのか、身をもって体験していれば強く印象に残るはずです(これを実際にやるのは難しいですが)。

突沸を実際に経験すれば、沸騰石を入れる理由を問う問題は二度と間違えないでしょう(突沸の動画はコチラ)。


どんなに塾で分かりやすく説明しようと、学校の実験から得られる経験には及びません。

学校の授業(特に実験)には、前向きに取り組んでほしいと思います。

関連記事

すべて表示

学校の指導に感謝

「机の上の消しカスは捨てて帰ってね」 一度は言うかなと思っていましたが、一度も口にしていません。 開校して早5カ月が過ぎようとしているのにです。 前職の塾では、教室によってかなり差があったことを覚えています。 指導が行き届き机の上をキレイにして帰るクラス、そうでないクラス… しかし、こうして地元で塾を開いてみると 中学生が来ても、高校生が来ても、 机の上の消しカスを集め、ごみ箱に捨て、キレイにして

期末テスト結果

期末テストの結果が返ってきました。 開校2週間という短い期間ではありましたが、学校の後で毎日通い、集中して勉強していました。 それぞれで手応えを感じた教科もあったと思いますが、全体としては悔しい結果となりました。 その中で力を入れた理科は、全員点数が伸び平均で17点アップ。基礎の徹底と根本理解が功を奏しました。 数学も同様に力を入れましたが、こちらは思うようにはいきませんでした。特に3年生は中間よ

Comments


bottom of page