top of page
  • 執筆者の写真長島司

あまりはいくら



こちらは、私が中学生のとき、数学の先生だったササキ先生が授業で行われていた内容です。

割り算が並んでいて、その余りだけをひたすら求めていくというもの。

計算力を鍛えるトレーニングとして、とても有効だと考えています。


計算力といえば百マス計算もありますが、こちらはやることが限定的で、どうしても作業感が強くなってしまいます。

対してこちらは、加減乗除を行わなければならず単調になりにくいのと、量感も身につけられると思っています。


いずれにしても、一人より二人で、二人より三人で

競争意識や仲間意識を持ちながら行うと効果的です。

個別指導にはない、集団塾の一番のメリットはここにあります。

関連記事

すべて表示

ランダムに出題できる単語テストを作成しました!

自分で言うのも何ですが、私の情報処理技術は、日本の塾講師と呼ばれる人たちの中では指折りのものだろうと自負しています(そもそもIT系に弱い人が多い業界ですが…)。 最近、ランダムに単語と意味が繰り返されるフラッシュ暗算のようなものが欲しくなったので、単語リストからランダムにピックアップしてテストが作れるエクセルを作成しました。 テストは紙媒体のものとフラッシュでできるものを2種類用意しています。 集

神授業の罠

コロナ禍となり3年が経とうとしています。 この3年で教育の現場ではオンライン化が大きく進みました。 もはや現場に授業は必要ない、一流の講師が練りに練った映像を撮影し、それを流せば良いんじゃないかという声も聞かれます。 またYouTube上では大手予備校講師や東大生などが、その看板を引っ提げて授業動画を上げています。もちろん中には、私にとっても勉強になる動画や学び直しの役に立つ動画もあります。 しか

Comments


bottom of page